検索

CHECK!漢方でケアする女性の不調ナビ

にきび(体質を改善して治します)

にきびの症状って?

毛穴が詰まる白にきび、酸化して黒ずむ黒にきび、炎症を起こす赤にきびなどがあります。便秘や冷え症を同時に抱えている人も少なくありません。
思春期のにきびは肌の脂っぽさが原因なのに対して、20代以降にできる大人のにきびは、女性ホルモンや生活の乱れ、ストレスなどが原因で複雑に絡み合っています。ホルモンバランスの乱れでも、男性ホルモンの過剰分泌か、排卵機能の低下による女性ホルモンの不足か、によって治療方法は異なります。

どんな治療法があるの?

西洋医学では、抗菌薬のクリームや内服薬などを処方します。ケミカルピーリングなどの方法を行う皮膚科もあります。しかし、生活のサイクルを整えたり、食生活の改善をしたりして、体の状態を改善することも大切です。

漢方での対処法は?

炎症を抑えたり、原因になる体質を改善することで、にきびのできにくい体にすることを目的とします。気、血、水のバランスを整える処方をします。西洋薬と組み合わせることもあります。
同じストレスによるにきびでも、血の巡りの悪い"瘀血(おけつ)"の人には「桂枝茯苓丸加薏苡仁」「桂枝茯苓丸」ほかを。顔面の熱を発散できない人には「清上防風湯」ほかが処方されたりと、ひとりひとり異なる場合が多いです。

漢方処方例

  • 月経前と月経時のにきび、手足の荒れに→桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
  • 赤みや炎症が強く脂性肌のにきび、顔面の湿疹に→清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
  • 発赤や、ときに化膿する急性で初期のにきび、湿疹に→十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
  • 肌が浅黒い人で、炎症反応が慢性化し、化膿傾向を伴ったにきび.副鼻腔炎の人にも→荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
全国の漢方ドクターリスト
投稿カテゴリー一覧
漢方でケアする女性の不調ナビ
漢方エッセイ
このページのトップに戻る