検索

CHECK!漢方でケアする女性の不調ナビ

頭痛(女性ホルモンが影響している頭痛も)

頭痛の症状って?

女性に多い頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、月経に伴う頭痛があります。
片頭痛は、視野のゆがみや白っぽい光が走る、まぶしいなどの前兆があり、習慣性、反復性があります。放っておくと痛みは増強します。
緊張型頭痛は、頭全体やこめかみを締めつけるような痛みがあり、首や肩のこりを伴います。
月経前や月経中に起こる頭痛は、ズキンズキンと脈を打つような痛み方をすることが多いです。

どんな治療法があるの?

一過性の頭痛でなく、何度もくり返したり、痛みが増強したりする頭痛は、脳神経外科、神経内科や頭痛外来を受診します。慢性の頭痛を市販の鎮痛剤で長い間しのいでいると、薬物乱用型頭痛といって、治療の難しい頭痛に変わってしまうことがあります。
検査をして隠れた病気がないか、どの種類の頭痛かを確認することが大切です。片頭痛の治療にはよく効く西洋薬があります。月経に伴う頭痛は、低用量ピルが効くこともあります。

漢方での対処法は?

緊張型頭痛の場合は、鎮痛剤、末梢循環改善剤などに加えて、漢方薬を組み合わせることでよく効きます。漢方薬単独で効果が出ることもあります。過労やストレスを解消し、十分な睡眠をとることも重要です。

漢方処方例

  • 手足が冷えて肩がこり、吐き気の伴う片頭痛→呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
  • 肩こり、緊張型頭痛→葛根湯(かっこんとう)
  • のぼせ、肩こりのある頭痛→桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • めまい、むくみがある人の頭痛→五苓散(ごれいさん)
全国の漢方ドクターリスト
投稿カテゴリー一覧
漢方でケアする女性の不調ナビ
漢方エッセイ
このページのトップに戻る