検索

漢方でケアする女性の不調ナビ:女性に優しい漢方がよくわかる「Q&A」

漢方に対する素朴な疑問をまとめました。

そもそも漢方ってどんなもの?
西洋医学的に病気ととらえにくい症状が得意。
同じ症状でも異なる漢方薬が処方されることも

西洋医学は、原因がはっきりしている病気への治療が得意なのに対し、漢方医学は、西洋医学では病気とはみなされないような不調対策も得意分野です。西洋医学では同じ病名なら同じ薬や治療が行われますが、漢方医学ではひとりひとりの「証」(体質やタイプ)や症状を診断して漢方薬を処方します。そのため同じ症状でも人によって違う漢方薬が処方されることがよくあります。ですから、医師に正しく診断してもらうことが大切です。

漢方薬って何からできているの?
植物など自然の生薬を組み合わせてつくられています

漢方薬は、自然界にある植物を中心に、動物由来のものや鉱物などを原料にした複数の生薬を組み合わせた薬です。古くから、生薬を細かく刻んで混ぜたものを煎じて飲むという形がありますが、現在、多くの病院で処方される漢方薬は"エキス顆粒製剤"。これは、煎じた液を濃縮、乾燥させ、顆粒に加工して飲みやすくしたものです。

どんな症状や病気に効くの?
検査で異常なしといわれる不調や体質的なものにも効果があります

西洋医学では有効な治療法が少ない病気や、検査では異常なしといわれる病気や不調にも効果があります。月経に伴って起こる不調やアレルギーなどの体質的なもの、メンタルや皮膚の症状にも効果があります。たとえば、冷え症、肩こり、にきびや吹き出物、月経痛、便秘、むくみ、不眠などに効果的です。未病の段階の不調も改善してくれます。

漢方薬にも副作用があるの?
副作用はあります。
医師の指示を守って服用することが大切

漢方薬には副作用がないと思う人もいるかもしれませんが、これは間違いです。「証」(体質やタイプ)や症状に合わない薬を使ったり、大量に使い過ぎたり、薬の組み合わせが悪かったりすると、さまざまな症状が起こる場合があります。漢方薬も薬です。医師の指示を守って、正しく服用することが大切。必ず、医師や薬剤師に相談してください。

健康保険は使えるの?
基本的に医師の処方による医療用漢方製剤は健康保険が適用されます

現在、日本では148種類の医療用漢方製剤に健康保険が適用されており、日常診療で広く使われています。また、煎じ薬でも健康保険が使えるものがあります。しかし医療機関によっては、自費診療(自由診療)といって、健康保険が使えない場合もありますので、初めに確認してみてください。

どのくらいの期間、飲むと効くの?
急性の病気なら数時間.数日で慢性なら1か月が目安です

漢方薬はゆっくりと時間をかけて効くものと思っている人が多いようですが、風邪などの急性の病気に対して速効性があり、数時間.数日で効く場合もあります。慢性の症状や病気でも 2週間から1か月くらいで徐々に効いてきます。慢性でも多くの場合、2~3か月続ければ、効果を実感できます。

全国の漢方ドクターリスト
投稿カテゴリー一覧
漢方でケアする女性の不調ナビ
漢方エッセイ
このページのトップに戻る